内在する叡智が姿勢を作る

蒲田時代は、ほぼ全てのお客様の写真を近くで提携していた医院で確認していました。ご紹介している写真は全て立位で撮影され、重力の影響を受けた骨格の歪みを表現しています。

31歳女性_側湾

30代の女性です。脊柱の側弯を骨盤が受け止めず、骨盤部では歪みを逃していない写真です。頸部の歪みも大きくありません。この状態はカラダが適応した結果の表現であり、脊柱の歪みで想像されるよりも骨盤の歪みは少なく、中立位に近いバランスを保っていることで、もっと負荷がかかっても対応出来る余裕があることがわかります。

この姿勢こそ、生まれてからこの日までの内在する叡智が作り上げたデザインなのです。仮に骨盤が大きく歪み、頭部が重心線より外れていれば、歪みを逃がす補正力が働いていることになり、干渉を正すことで骨盤がゆがむ必要のない中立位まで姿勢は変化すると思います。

それでも、変化を施すのは内在する叡智が最良のボデイバランス、例えるなら常に太陽に向かって枝を伸ばす植物の生命力のように、身体に必要な姿勢がデザインされていくのです。

側弯症を治すことはできませんが、健全な生活が送れる状態に導けました。私はイネイトインテリジェンス(内在する叡智)が一切の邪魔をされずに活躍できるように、干渉されているものを見つけ、それを正すことだけを仕事にしています。