妊娠初期〜臨月の妊婦

妊娠中のカイロプラクティック

臨月の様子|つくばカイロプラクティックmisaki妊娠中に頭痛、肩こり、腰痛などの身体の不具合を感じても、お腹の赤ちゃんに影響するのでは? また、どこに行けば楽になるのか解らない。などで我慢しているお母さんが多いようです。

上部頸椎カイロプラクティックはアメリカで生まれた、首を調整することで100%の生命エネルギー(治癒力)導きだす手技療法です。上部頸椎のみをターゲットにしていますので、妊婦さんの一番心配されるお腹への負担もなく、大きなお腹を逃がすことの出来る専用のカイロプラクティックテーブルを使うことで安全に妊娠初期から臨月まで、カイロプラクティックアジャストメントを受けることが出来ます。

妊娠中の腰痛や神経痛もアジャストメント可能!

妊娠中は、出産時に骨盤(産道)が開きやすくなるためにリラキシン(女性ホルモン)の分泌が平常時より約10倍になっており、脊柱、骨盤などの関節がゆるくなりやすいため、胎児の成長とともに体重の増加が腰椎に負担をかけ、姿勢を悪化させていきます。

お腹を突き出した姿勢をバランスさせるため肩を後ろに引き、顔を前に出し、骨盤が拡がることにより、ややがに股姿勢を取らざるおえなくなります。健康な背骨をお持ちであれば、この姿勢でも何の問題もなく妊娠期を過ごされると思います。

しかし、今まで過ごされてきた年齢、時間の中での生活習慣による背骨へのストレス、慢性的なサブラクセイション(上部頸椎部に起こる干渉)が存在すれば、本来、姿勢によって逃がすことができる構造的ストレスが逃げ場を失い、強めてしまいます。リラキシンの力を持っても、お腹が大きくなることで適応できなくなり、症状を起こすことが多いのです。

上部頸椎カイロプラクティックは、首のたった一箇所を軽い刺激で調整するだけで、背骨、骨盤の中立性が戻ります。

上部頸椎を正し、最良の姿勢制御が行えるようになることで、骨盤の位置は正常な状態に戻り、痛みの原因が取り除かれます。また、子宮内負荷が軽減して状態がよくなると、胎児の内部環境がよくなり、逆子の改善、胎児への栄養がゆきわたりやすくなります。

背骨による神経干渉の無い、100%の生命エネルギーを発揮できる身体にすることで母体はもちろん、胎児までの健康状態が良い状態へ導くことができます。

妊娠すると、一時的に腎臓の機能が低下します。

今まで何も尿検査などで異常がなかったひとでも、尿タンパクや、糖尿の検査で引っかかる人がいます。私の妻は『つわり』がひどく妊娠中もよく病院に付き添って行きましたが、必ず毎回のように尿検査をしていました。

これは、妊娠中は腎臓の機能が低下し、、尿タンパクや、糖尿が出やすいからだそうです。このように妊娠中はただでさえ、むくみやすいのです。

そして羊水が多くなり赤ちゃんも大きくなってくると、腎臓自体が、後ろに変位し、本来持っている機能を発揮できなくなってしまいます。内臓も背骨と同じようにきちんとした位置というものがあります。内臓もきちんとした位置にないと本来持っている力が出ないのです。

アジャストメントによって姿勢が中立位を保てるようになり、大腰筋の左右差が解消され、内臓の位置を正常にする事によって、妊娠中でも症状を改善することは可能です。

妊娠中の腰痛は大腰筋が原因!

大腰筋大腰筋の前に腎臓がありますので、腎臓が後方もしくは下方に変位すると、腰痛を悪化させます。