新生児〜乳幼児

赤ちゃんは生まれたその日から施術が可能

生命の誕生
新生児|つくばカイロプラクティックオフィスmisaki
軽く触れるだけの施術で新生児から安心!安全!
赤ちゃんは「生まれたばかりだから、カイロプラクティックケアはしないほうが」と思われる方がいらっしゃいますが、まったく逆。生命力が全開で発揮しやすい時期だからこそ、軽く触れるだけの安全な方法で、効果的な施術が可能なのです。 理想は生まれてすぐに行うのがベストです。しかし、それは身内でなければ無理なので、通常は退院してすぐがいいでしょう。

生命のすばらしい能力は、受精という卵子と精子が出会い一つの初めての細胞結合から脳を作り、背骨が出来、神経を介して臓器を作り、誕生までの約40週間で約3兆個(成人で約60兆個)の細胞に成長し人の身体を作り上げます。この期間の素晴らしい成長する力を表現しているのが、その人の生まれながらに持っている叡智(イネイトインテリジェンス)です。

イネイトインテリジェンス(先天的叡智)の表現は、脳からの情報をセンサーとして脊髄神経を伝わり各器官に届き、各器官の情報は神経を通り脳はコントロールしています。 お腹の中の胎児は胎盤を通して母体から栄養をもらい、脳から背骨の下位に位置する仙骨を結ぶ脊柱間(後頭骨−仙骨)でエネルギーの循環が行われます。これを第1次呼吸メカニズムと言います。

そして出産誕生をむかえて、「おぎゃー」と、泣いた瞬間に初めての肺呼吸(第2次呼吸メカニズム)が始まり第1次呼吸メカニズムから切り替わります。 生命維持のエネルギー源も母乳へとシフトします。

お腹の中の胎児は乳児の7倍の早さで発育するといわれます。この非常に早い成長のため、お腹の中の胎児は負荷や変形などを加える生体力学的な力に対して最も敏感です。また、分娩時のけん引などのストレスも影響を与えてしまいます。

そのようなストレスが頭蓋骨、脊柱を歪め(寝た時の顔の向きがいつも同じ)サブラクセイションを作り、第1次呼吸メカニズムの働きを弱めイネイトインテリジェンス(生命力)の表現を弱めてしまいます。

寝返りができる準備として首がすわり、お座り、ハイハイが出来る身体動作運動の準備として寝返りを繰り返すように、立位歩行が出来る筋肉骨格の準備としてハイハイを行います。赤ちゃんは目的のある運動行動を行い成長していきます。そして、2本の足で立ち上がり、立位歩行が出来る骨格、筋肉が作られます。口から入る、栄養エネルギーも内蔵、消化器官の成長と共に母乳から食物へとシフトしていきます。

それら成長の監視、コントロールを脳はイネイトインテリジェンス(先天的叡智)の働きによってからだの異常を見つけ修復、制御する働きを行います。この流れの健全化を目指すのがカイロプラクティックの目的です。

当院で行うストレートカイロプラクティックは決して無理な力がかからない安全な方法で、生命力が正しく発揮されて、持って生まれたパフォーマンスも最大限に発揮できる健康な子供に成長していくことをお手伝いします。