休業日のお知らせ

休業日は定めておらず、不定休で営業しております。

コロナウイルス対策のため、予約枠時間の入店人数を一組様に制限させていただいております。

※ 完全予約制で運営しており、約束のない時間は留守にしている場合があります。

Posted in ブログ | 休業日のお知らせ はコメントを受け付けていません

33の基本原則

1927年にRALPH W.STEPHENSON,D.C.によって書かれた、CHIROPRACTIC TEXT BOOKには、カイロプラクティックを哲学的考察するため、「33 Principles of Chiropractic」33の基本原則が記述されています。

D.D.パーマーから続く、医療ではない、カイロプラクティック哲学の考え方の基本として、現代でも大切にされている言葉です。

カイロプラクティックはアメリカで生まれ研究発展してきました。当然、原書は英文になり、生活、文化的背景が異なるため、日本語化が難しく、どうしても硬い表現になってしまいますが、読んでみてください。

R. W. STEPHENSON, D.C., Ph.C.

No.1. The Major Premise.
大前提
A Universal Intelligence is in all matter and continually gives to it all its properties and actions, thus maintaining it in existence.
ユニバーサルインテリジェンス(宇宙の叡智)は全てのものに含まれ、全てのもの、全ての行為に反映され続けることにより、その存在が認識される。

No.2. The Chiropractic Meaning of Life.
カイロプラクティックにおける生命の真意
The expression of this intelligence through matter is the Chiropractic meaning of life.
ユニバーサルインテリジェンス(宇宙の叡智)の物質を通じての表現が、カイロプラクティックにおける生命の真意である。

No.3. The Union of Intelligence and Matter.
インテリジェンス(叡智)とマター(物質)の結合
Life is necessarily the union of intelligence and matter.
生命とは、インテリジェンス(叡智)とマター(物質)の必然的結合である。

No.4. The Triune of Life.
生命の三位一体
Life is a triunity having three necessary united factors, namely, Intelligence, Force and Matter.
生命は欠く事の出来ない三要素が結び付いた三位一体のもの。即ちインテリジェンス(叡智)、フォース(力)、そしてマター(物質)である。

No.5. The Perfection of the Triune.
三位一体の極致
In order to have 100% Life, there must be 100% Intelligence, 100% Force, 100% Matter.
100%のライフをおくるため、100%のインテリジェンス(叡智)、100%のフォース(力)、100%のマター(物質)がなくてはならない。

No.6. The Principle of Time.
時間の原理
There is no process that does not require time.
時間を必要としないプロセスは無い。

No.7. The Amount of Intelligence in Matter.
マター(物質)の中におけるインテリジェンス(叡智)の量
The amount of intelligence for any given amount of matter is 100%, and is always proportional to its requirements.
どんな大きさのマター(物質)も、インテリジェンス(叡智)は100%である。いつもマター(物質)がなくてはならない。

No.8. The Function of Intelligence.
インテリジェンス(叡智)の働き
The function of intelligence is to create force.
フォース(力)を創り出すことである。

No.9. The Amount of Force Created by Intelligence.
インテリジェンス(叡智)により創造されるフォース(力)の量
The amount of force created by intelligence is always 100%.
インテリジェンス(叡智)により創造されるフォース(力)の量は、いつも100%である

No.10. The Function of Force.
フォース(力)の働き
The function of force is to unite intelligence and matter.
インテリジェンス(叡智)とマター(物質)とを結合することである。

No.11. The Character of Universal Forces.
ユニバーサルフォース(宇宙の力)の性質
The forces of Universal Intelligence are manifested by physical laws; are unswerving and unadapted, and have no solicitude for the structures in which they work.
物理法則によって表現される。その力は物質の構成内で働く為に、確固として目的を失わず、且つ憂い無きものである。

No.12. Interference with Transmission of Universal Forces.
ユニバーサルフォース(宇宙の力)の伝達への干渉
There can be interference with transmission of universal forces.
ユニバーサルフォース(宇宙の力)の伝達への干渉は、起こり得る。

No.13. The Function of Matter.
マター(物質)の機能
The function of matter is to express force.
フォース(力)を表現することである。

No. 14. Universal Life.
ユニバーサルライフ(宇宙の生命)
Force is manifested by motion in matter; all matter has motion, therefore there is universal life in all matter.
フォース(力)はマター(物質)の動きによって表現される。全てのマター(物質)は動きをもっている。それゆえ、全てのマター(物質)の中にユニバーサルライフ(宇宙の生命)がある。

No.15. No Motion without the Effort of Force.
フォース(力)の働き無くして動き無し
Matter can have no motion without the application of force by intelligence.
インテリジェンス(叡智)によるフォース(力)の供給がなければ、マター(物質)は動けない。

No.16. Intelligence in both Organic and Inorganic Matter.
無機物、有機物の両方にインテリジェンス(叡智)はある
Universal Intelligence gives force to both organic and inorganic matter.
ユニバーサルインテリジェンス(宇宙の叡智)は無機物、有機物の両方にフォース(力)を与える。

No.17. Cause and Effect.
原因と結果
Every effect has a cause and every cause has effects.
あらゆる結果に原因が存在し、あらゆる原因に結果が存在する。

No.18. Evidence of Life.
生命の証
The signs of life are evidence of the intelligence of life.
生命の表現は、生命に宿るインテリジェンス(叡智)の証である 。

No.19. Organic Matter.
有機物
The material of the body of a “living thing” is organized matter.
生命としての身体のマテリアルは、組織化されたマター(物質)である。

No.20. Innate Intelligence.
インネイトインテリジェンス(先天的叡智)
A “living thing” has an inborn intelligence within its body, called Innate Intelligence.
生き物は、その体の中に生まれながらのインテリジェンス(叡智)、インネイトインテリジェンス(先天的叡智)と呼ばれるものを持っている。

No.21. The Mission of Innate Intelligence.
インネイトインテリジェンス(先天的叡智)のミッション
The mission of Innate Intelligence is to maintain the material of the body of a “living thing” in active organization.
インネイトインテリジェンスのミッション(使命)は生き物の体を、活動的に保ち続けることである。

No.22. The Amount of Innate Intelligence.
インネイトインテリジェンス(先天的叡智)の量
There is 100% of Innate Intelligence in every “living thing,” the requisite amount, proportional to its organization.
インネイトインテリジェンス(先天的叡智)の量は、全ての生物の機能に比例して要求される量の100%が存在する。

No.23. The Function of Innate Intelligence.
インネイトインテリジェンス(先天的叡智)の働き
The function of Innate Intelligence is to adapt universal forces and matter for use in the body, so that all parts of the body will have co-ordinated action for mutual benefit.
インネイトインテリジェンス(先天的叡智)の働きは、ユニバーサルフォース(宇宙の力)と体で使用されるマター(物質)を適合することである。それゆえに、体の全ての部分は共通の利益のため同調する働きをもつのである。

No.24. The Limits of Adaptation.
適応の限界
Innate Intelligence adapts forces and matter for the body as long as it can do so without breaking a universal law, or Innate Intelligence is limited by the limitations of matter.
インネイトインテリジェンス(先天的叡智)は宇宙の法則(普遍的法則)を破らず、身体の為に出来る限り長くフォース(力)とマター(物質)に適応するが、マター(物質)の限界によりインネイトインテリジェンス(先天的叡智)は、制限される。

No.25. The Character of Innate Forces.
インネイトフォース(先天的治癒力) の性質
The forces of Innate Intelligence never injure or destroy the structures in which they work.
インネイトインテリジェンスの力(先天的治癒力)は、作用する組織を傷付けたり、或いは破壊したりする事など決して無い。

No.26. Comparison of Universal and Innate Forces.
ユニバーサルフォース(普遍的な力)とインネイトフォース(先天的治癒力) との比較
In order to carry on the universal cycle of life, Universal forces are destructive, and Innate forces constructive, as regards structural matter.
生命のユニバーサルサイクル(普遍的循環)を維持するため、構造的物質に関してユニバーサルフォース(普遍的な力)は破壊的であり、インネイトフォース(先天的治癒力) は建設的である。

No.27. The Normality of Innate Intelligence.
インネイトインテリジェンス(先天的叡智)の正常性

Innate Intelligence is always normal and its function is always normal.
インネイトインテリジェンス(先天的叡智)は常に正常であり、その働きもまた常に正常である。

No.28. The Conductors of Innate Forces.
インネイトフォース(先天的治癒力) の導体

The forces of Innate Intelligence operate through or over the nervous system in animal bodies.
インネイトインテリジェンス(先天的叡智)のフォース(力)は、動物において身体の神経系統( 神経組織) を通して作用する。

No.29. Interference with Transmission of Innate Forces.
インネイトフォース(先天的治癒力) の伝達の妨害
There can be interference with the transmission of Innate forces.
インネイトフォース(先天的治癒力) の伝達において妨害されうる。

No.30. The Causes of Dis-ease.
Dis-ease(不調和)の原因
Interference with the transmission of Innate forces causes incoordination of dis-ease.
インネイトフォース(先天的治癒力) の伝達妨害が、調和が欠如し、協調不全となる原因である。

No.31. Subluxations.
サブラクセイション
Interference with transmission in the body is always directly or indirectly due to subluxations in the spinal column.
体における伝達の妨害は直接的、間接的に脊柱のサブラクセイションによって起こる。

No.32. The Principle of Coordination.
コーディネーション(調和)の原理
Coordination is the principle of harmonious action of all the parts of an organism, in fulfilling their offices and purposes.
コーディネーションは、器官の全ての役割や目的を達成するために、調和のとれた働き原理である。

No.33. The Law of Demand and Supply.
需要と供給の法則
The Law of Demand and Supply is existent in the body in its ideal state; wherein the “clearing house,” is the brain, Innate the virtuous “banker,” brain cells “clerks,” and nerve cells “messengers.”
需要と供給の法則は理想的な形で体の中に存在している。家をきれいにするのは脳である。インネイトは有徳な銀行家であり、脳細胞は事務員で、神経細胞はメッセンジャーである。

RALPH W. STEPHENSON, D.C., PH.C. : CHIROPRACTIC TEXTBOOK. The Palmer School of Chiropractic 1948 Edition, xxxii-xxxviii p.

Posted in Philosophy 哲学, ブログ | 33の基本原則 はコメントを受け付けていません

コロナウイルス感染症予防対策について

感染症予防のため、受付にて非接触型皮膚赤外線体温計での体温測定手指消毒マスクの着用をお願いしております。可能な限り、マスクをご自身でご用意のうえ来店して下さい。

発熱( 37.5℃以上 )が認められた場合、当日の施術を改めていただきます。

当分、店舗内の人数制限をするため予約時間の枠をあけていますので、ご希望時間での予約が難しくなっています。

感染症予防の趣旨をご理解の上、ご協力をお願い致します。

コロナ対策イージーテム 皮膚赤外線体温計

Posted in ブログ | Tagged , , | コロナウイルス感染症予防対策について はコメントを受け付けていません

料金改定のお知らせ

初回料3,000円 → 初回料2,000円に2018年1月1日より改定します。

新料金表はこちら

Posted in ブログ | 料金改定のお知らせ はコメントを受け付けていません

歳だからと諦めない

腰は曲がり、杖を使わないと歩くのも困難、歳だからしょうがない、と諦めていませんか。

女性 76歳 脊柱側彎症 脊柱管狭窄による左下肢への強い痛み 間欠性跛行

初めてのアジャストメント。初回時のみ調整前と調整後の姿勢写真を比べます。違いが大きいほど期間があまりかからない方が多いようです。
2283-2016-8-19

グラフは全て、初めてアジャストメントを受けた当日の記録です。
tytron-report5
左右外側のグラフは、背骨の左右から出てくる神経を、背中からサーモグラフィーで計測された皮膚温度で、中央のグラフはその左右差を表しています。赤グラフが調整前。緑グラフが調整後。
tytron-report2
左のグラフが初めてのアジャストメントから40分後です。頸部、肩甲骨辺り、腰部の橙色の大きい左右の温度差は平常差に変わりました。
tytron-report3
青いバーの長いほど体温が高いことを表しています。アジャストメントが達成されたことで代謝が良くなり体温の上昇が確認できます。
tytron-report4

姿勢写真は初回時を除き、アジャストメントが必要なのかを判断するスパインチェックの一つとして、前回からの身体変化を確認する為にアジャストメント前に記録したものです。

4週間後。スパインチェックにより、前回のアジャストメントの達成された状態を維持していることを確認。この日は検査のみで終了。
2283-2016-9-15_3
8週間後。スパインチェックによりサブラクセイション(干渉)を確認。3回目のアジャストメントを行う。
2283-2016-10-12_5
12週間後。側面写真は良好。後姿での重心が右側にあり、骨盤位置も右に寄っている。リーディングでは、この日も前回のアジャストメントの達成された状態を維持していることを確認。経過を見るため、検査のみで終了。
2283-2016-11-9_7

歩行困難で症状が強く年明けには手術を予定している状態で、初めてのアジャストメント後、2週間に一度スパインチェックに来店していただき、12週間、7回来店、計3回のアジャストメントを行いました。強い痛みは消失、手術は回避するそうで、以後スパインチェックに通っていただいてます。

干渉からの解放 首1箇所のアジャストメント

椎間板で連結された背骨と、約5キロある頭部をつなぐ頸椎1番は、可動域が最大で唯一椎間板が存在しない背骨です。80年以上前にこの椎骨が正しく機能しないことでカラダシステムに干渉が起こり健康が損なわれると、そして、この頸椎1番領域だけでそこから下の椎骨への構造的ストレスを正せると、創始者の息子B.J.パーマーはHole In One学説を発表します。それから現代まで受け継がれ、ここでスペシフィックカイロプラクティックが実践されています。

Posted in Practice 実践, ブログ | 歳だからと諦めない はコメントを受け付けていません

Dis-easeの原因を追求

医学はDisease(病気)の原因を追求する。
カイロプラクティックはDis-ease(身体機能が容易でない状態)の原因を追求する。

3人の研修医が病名を判断するテレビ番組がありましたが、医療は症状を特定、診断していきます。そして、外側から投薬、手術などの手を加えて治癒に向かわせます。病名も1万以上あると言われていますから、原因の追究も複雑になってしまいます。

現在、カイロプラクティックは多種多様な考えに分かれ、医療的な考えを持つミックスカイロプラクティックと、創始者から続くストレートカイロプラクティックがあります。

ストレートカイロプラクティックでは身体不調の原因は、Dis-ease状態により始まると考えます。

Dis-ease(身体機能が容易でない状態)は病気ではありません。病気になり得る原因を起こしている状態です。

そして、Dis-easeを作り出す原因はサブラクセイション(椎骨変位による干渉)です。

上部頸椎カイロプラクティックでは、メジャーとマイナー論があり、上部頸椎部位で起こる、スペシフィックな1つのサブラクセイションの存在確認だけを追究していきます。

1万以上と言われるDisease(病気)を症状などから見つける医療ではなく、たった1つのサブラクセイションの存在を見つけるのがストレートカイロプラクターの仕事です。

シンプルにDis-ease状態(身体機能が容易でない状態)の原因であるサブラクセイションが存在しない状態の維持管理を行うことで、外側からではなく、ご自身の内側、内在する叡智である生命力がカラダの問題を解決に向かわせるというシンプルな療法です。

私は医療は医者に任せ、カイロプラクティックはサブラクセイションを任せて頂きたいと願います。

以下の記事もあわせてどうぞ:
メジャーとマイナー
H.I.O.学説

Posted in Science 科学, ブログ | Tagged , | Dis-easeの原因を追求 はコメントを受け付けていません

Dis-ease 気づけるように

なぜ、上部頸椎へのカイロプラクティックで、お悩みの問題が解消されるのか?

その答えは、ご自身の生命力への気づきにあります。

正しく適正に働いていると思っていたご自身のチカラが、電波障害のように正しく届かなければ、体の問題も治癒させるのに時間がかかってしまいます。

本来の力が発動できずに、以前と同じ活動を行なえば、低下したチカラの分、余計なエネルギーを必要とするために疲れやすく疲労も抜けません。

オフィスに来ていただき、Dis-ease状態を理解していただき、健康を取り戻してください。

カイロプラクターはDis-ease状態になっているかを見つけて説明します。

それは、客観的なテストにより表現される変化として記録、提示されます。

ご自身も説明により、身体機能の変化に気づき、Dis-ease状態を気づけるようになっていただきます。そして、健康へのプロセスを理解していただけます。

※ スパインチェックにおいて提示させていただきます。そして、Dis-ease状態の原因であるサブラクセイションが確定された場合のみアジャストメントを行います。

Posted in Science 科学, ブログ | Dis-ease 気づけるように はコメントを受け付けていません

Dis-ease 見つけるのが仕事

グラフパターン

Disease(病気)の原因を見つけるのが医学、医者の仕事です。

Dis-ease(カラダが容易でない状態)の原因を見つけるのがカイロプラクティック、カイロプラクターの仕事です。

物事には、結果があって原因があります。

結果というものを医学ではDisease、症状や病気ということを結果としてみています。

カイロプラクティックにおいてみる結果というものはDis-easeです。

Dis-ease状態(カラダが容易でない状態)によって起こり得るカラダの生命活動の表現が症状と言われるお悩みを作り出すのです。

初回来店時が赤グラフ、1年後来店時が黄グラフです。センターグラフに高割合の同一性が現れています。Dis-ease状態(カラダが容易でない状態)が発生(再発生)している時に現れるグラフパターン現象です。

以下の記事もあわせてどうぞ:
N.C.M.ニューロカロメーター
神経圧迫はどこ?客観的に見つける

Posted in Science 科学, ブログ | Dis-ease 見つけるのが仕事 はコメントを受け付けていません

Dis-ease 伝達スピードの低下

ナーブサイクル
ヒトが生命活動を最善に行うためには情報を必要とします。体内、体外すべての情報は神経を介して交換され、情報に見合った反応により適応しようと働きかけます。

インネイトインテリジェンス(内在する叡智)がメンタルインパルスを物質(身体組織)に伝えるためにはフォース(働きかけるチカラ)が必要です。それをインネイトフォースと言います。

インネイトフォースは常に生産され続け、作るという意味合いにおいては減ることはありません。フォースを伝えるメンタルインパルスがうまく届いていない状態が問題なのです。

手を動かそうと思って手に行くインネイトフォース、それが手に行く前に表現自体が減少してしまうようなものです。10動くものが8、9しか動けなくなってしまう。フォース自体は適切にあるんだけど表現が乏しくなってしまう状態です。

それは、インネイトフォースの量は変わらない。単位時間当たりの量が減る。意志が到達しにくくなる。ということです。

Dis-ease(ディス・イーズ)状態とは、このような神経を介して行われる生命情報、メンタルインパルスが伝えるインネイトフォースの伝達スピード(神経伝達)が低下した状態を言い表しています。

以下の記事もあわせてどうぞ:
神経を介して活動する

Posted in Philosophy 哲学, ブログ | Dis-ease 伝達スピードの低下 はコメントを受け付けていません

Dis-ease ディス・イーズ

Dis-ease(ディス・イーズ)。サブラクセイションにより起こりうる身体不調状態のことを、Disease(病気)からもじったカイロプラクティック用語です。

人間は常に活動しています。それをインネイトインテリジェンス(生まれ持った叡智)が最善の生命活動を行い管理しています。その活動の質が落ちるのがDis-easeです。

インネイトインテリジェンスが物質の限界、時間に適応できない状態がDis-ease。適応しているのが正常で本来の健康を意味します。

例えば、風邪を引いた状態とは、身体に侵入したウイルスに適応した生体反応(免疫)であり、時間とともに解決していきます。Dis-easeとは、その適応が鈍い、遅くなっているような状態と思ってください。電波障害みたいなもの。繋がってはいるんだけど、遅い。活動が遅い。こういう時は物事が容易にできない。時間がかかります。

Dis-ease(ディス・イーズ)の、easeという言葉は容易に物事をアクティビティ(活動)ができるという意味。それに反対を意味する接頭辞、Disがついて「容易でない状態」と訳します。

Dis-easeとは、体が容易に機能すべきものが容易でない状態。極端な話、手を伸ばせば物が取れるものが届かない状態。こっちに行くけど、こっちには行かないような状態です。

カイロプラクティックのターゲットはサブラクセイションであり、サブラクセイションはDis-ease状態を作る原因であるのです。

言葉が悪いですが、サブラクセイションがイージーな身体状態をDisっているということです。

以下の記事もあわせてどうぞ:
内在する叡智・生命力

Posted in Philosophy 哲学, ブログ | Dis-ease ディス・イーズ はコメントを受け付けていません